飯能市で入れ歯・義歯治療をお考えなら

〒357-0063 埼玉県飯能市飯能1337-3
西武池袋線「飯能駅」北口より徒歩15分、駐車場9台完備

診療時間
9:30~12:30 × ×
14:00~19:00 × ×

△:14:00~18:00 休診日:木曜・日曜・祝日
※祝日がある週の木曜は診療があります。

ご予約・お問合せはこちら

042-972-2767

入れ歯と味覚の関係について

入れ歯は、失った歯の機能を補うための装置ですが、それによって「噛む」以外のことに不自由を感じるのはあまり良くありませんよね。とくに味覚に関しては、食生活の豊かさと直結する部分でもあり、入れ歯製作において重視しなければならない点ともいえます。今回はそんな入れ歯と味覚の関係についてかんたんにご説明します。

 

総入れ歯は味を感じにくい

入れ歯は「部分入れ歯」と「総入れ歯」の2つに大別できますが、味覚に関しては明らかに部分入れ歯の方が優れています。なぜなら、部分入れ歯は装置によって覆われる部分が少ないからです。総入れ歯というのは、装置の設計上、たくさんの粘膜部分が覆われてしまいますよね。ですから、味覚という観点からも、歯はできるだけ多く残した方が良いといえるのです。

金属床は味を感じやすい?

保険診療の総入れ歯は、口腔粘膜と接する部分がアクリルレジンというプラスチックで作られています。プラスチックは強度があまり高くないので、どうしても分厚く作らなければなりません。そうなると異物感が大きくなり、食事の味も落ちてしまいますよね。しかもプラスチックは熱を遮断する効果もあるため、食べ物の温度を感じにくく、食事の味がさらに低下しがちです。その点、薄く作ることができる金属床義歯は、装着時の違和感・異物感を最小限に抑えられます。また、食べ物の温度を感じやすく、食事の楽しみも増えることでしょう。

 

まとめ

このように、入れ歯と味覚は、間接的にいろいろな面で関係しています。入れ歯の設計を少し工夫するだけでも、毎日の食事が楽しくなるのです。当院ではそんな患者様のQOL(=生活の質)まで向上できるような入れ歯製作に努めております。よく噛めて見た目が美しく、食事も美味しい。そんな優れた入れ歯をお望みであれば、いつでも飯能市のやまて歯科医院までご相談ください。まずはていねいにカウンセリングいたします。

 

以下のページもご覧ください

当院がご提供している入れ歯治療の特徴についてご説明します。お使いの入れ歯が合わないという方も、ぜひご相談ください。

保険診療でお作りする入れ歯のほか、金属床義歯やオーバーデンチャーなど、自費診療の入れ歯も多数ご用意しています。

一般的な入れ歯治療の流れについてご説明します。どんなふうに治療が進むのかをご確認いただけます。

患者さまから寄せられる、「よくある質問」にお答えします。他にも知りたいことがありましたら、お気軽にスタッフまでお声がけください。

待合室や診療台の様子、当院で導入している設備などについてご紹介します。

検診・歯石取り・歯のクリーニング・フッ素塗布などもご予約いただけます。3ヶ月先のご予約もお気軽にどうぞ。

042-972-2767

診療時間

 
午前 × ×
午後 × ×

午前:9:30~12:30
午後:14:00~19:00
△:14:00~18:00
※祝日がある週の木曜は診療があります。
休診日:木曜・日曜・祝日

042-972-2767

〒357-0063
埼玉県飯能市飯能1337-3

西武池袋線「飯能駅」北口より徒歩15分、バス10分、タクシー5分